「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

この間まで作り方を紹介していたパータ・シガレットがのっているメインデザートは「カカオ(CACAO)」ですよー!
サッパリつるんと冷たいデザートですよー!

c0176675_12254772.jpg

はい、たてています。emoticon-0148-yes.gif 

下から、カカオのソルベ→イチゴとフランボワーズのジュレ→ミルクチョコレートのクリーム の三層になっています。ルビーグレープフルーツのソースでカカオの苦味、渋み、甘味をサッパリと楽しんでいただきたいと。

もちろん、パータ・シガレットはパキッとくずして召し上がれ!!!
[PR]
c0176675_1822639.jpg

画像が代わり映えしないですね。

すみません。

今回はキノコと赤ピーマンと玉ねぎとチーズのキッシュです。

今回のキノコはハーブオイルに漬け込んだキノコを使用していますので香り高いです。

今回もきっと好評をいただけると思っております。

次回は最初に戻って「ほうれん草のキッシュ」の予定。
[PR]
昨日の続きです。

今日は焼きます。

まずはベーキングシートにパレットで薄く延ばしマース。
c0176675_1885669.jpg

そしたら、三角コームで生地をひっぱります。
c0176675_18121477.jpg

で、ココアを軽く振ってオーブンへ・・・
c0176675_18132759.jpg

待つこと8分・・・
焼けました!
c0176675_1814345.jpg

これからが勝負です。
生地が熱いうちにべイキングシートからはずして、缶のような筒状のものに巻きつけます。
c0176675_18174257.jpg

冷めれば出来上がりーーー!!
c0176675_18313281.jpg

サクサクです。
今は「CACAO」に乗っけています。
[PR]
by db-obico | 2009-05-26 18:32
僕がデザートの飾りでよく使う生地です。
お客様も興味津々なのでチョッと作り方を紹介してみます。

c0176675_17485978.jpg

まずはポマード状にしたバターに振るった粉糖を加えてよく混ぜます。

c0176675_17513443.jpg

そして軽く温めた卵白を何回かに分けて加えバターとつないでいきます。

c0176675_17534517.jpg

最後に振るった薄力粉を入れて混ぜ合わせると・・・

c0176675_17554190.jpg

出来上がり!!!
簡単でしょ?
ポイントは卵白とバターを合わせるところかな?

明日は焼いてみマースemoticon-0166-cake.gif
[PR]
by db-obico | 2009-05-25 18:13
Obicoで大好評のマカロンを一気に紹介しますemoticon-0169-dance.gif

c0176675_18161714.jpg


10個入り(2050円)の写真です。  5個入り(1100円)はお好みで5種類選べます。

写真をクリックするとひとつひとつの記事にとびますよ~。
c0176675_1818128.jpg フランボワーズ
フランボワーズのコンフィチュールとバタークリームをはさみました
c0176675_18203760.jpg フレーズ
イチゴのコンフィチュールとバタークリームをはさみました
c0176675_18214261.jpg カシス
カシスのパート・ド・フリュイとバタークリームをはさみました
c0176675_18224060.jpg ノワゼット
香ばしいヘーゼルナッツとアーモンドのクリームをはさみました
c0176675_18235315.jpg ショコラパッション
パッションフルーツ風味のミルクチョコレートをはさみました
c0176675_18374914.jpg シトロン
酸味のあるレモンのバタークリームをはさみました
c0176675_18261140.jpg ショコラ
ブランデーの風味豊かなガナッシュをはさみました
c0176675_18272412.jpg ピスタチオ
ホワイトチョコレートのガナッシュにピスタチオのペーストを練りこんだクリームをはさみました
c0176675_18281517.jpg オランジェ
オレンジのバタークリームをはさみました
c0176675_18291879.jpg カフェ
苦味のある珈琲のバタークリームをはさみました

どれも自慢の一品です。 是非、全種お試しください。
emoticon-0139-bow.gif本品は、生菓子のため要冷蔵となります。
[PR]
c0176675_1932434.jpg


別名:河内晩柑(かわちばんかん)・晩柑
・サウスオレンジ・ジューシーフルーツ
・ジューシーオレンジ・夏ぶんたん
などとも言うのですが、最近流行ってきている模様。
実際とてもジューシーで美味しいものです。

さて、そろそろCACAOにも飽きてきたのでこれと枇杷を使ったデザートを模索中!
やっぱり冷たいものを食べていただきます!
しばしお待ちを!!
[PR]
by db-obico | 2009-05-22 19:14
明日からのキッシュ

「野菜のピュレと玉ねぎのコンフィーのキッシュ」

玉ねぎセロリ人参長ネギトマトを煮込み白ワイン、各種ハーブで風味付け、ピュレにしたものを生地に混ぜ込
み、玉ねぎの白ワインコンフィとチーズを混ぜ込み焼き上げました。

野菜たちの甘味が生きているやさしい味のキッシュです
c0176675_2043697.jpg


白ワインとの相性も良いものです。

休日の昼下がりに白ワインとキッシュなんてお洒落極まりないと感じます。

チョッと他には無いもの。

ご来店の際は是非試してみてください。
emoticon-0155-flower.gif
[PR]
以前カヌレのフェイクスイーツを頂いたお客様からマタマタ頂いちゃいました!!

c0176675_19472978.jpg

マカロンの携帯ストラップ!!

小さなキラキラがついています。

うちのマカロンよりもオシャレさんです。

早速デジカメにつけちゃいました!!

ありがとう◎◎◎さん!!

次はなんですか??
[PR]
今日は整形と焼成です。

一晩寝かせた生地を・・・
c0176675_19252370.jpg

こねて、整形の出来る状態にします。
ポイントは生地に冷たさが残っているうちに手早く。
そして、生地全体の柔らかさが均一になるようにしっかりとこねます。
ゆっくりこねているとバターが溶け出してきてしまい生地がだれてしまいます。
c0176675_19294831.jpg

棒状にのばしていきます。
生地がべたつくようなら強力粉を少量づつまきながら(打ち粉)整形していきます。
(打ち粉は最小限で!!味のプラスになるものではないので!)
整形が出来たら生地を紙などにまいて冷凍します。
c0176675_1935320.jpg

生地が固まったら、表面を絞ったタオルなどで軽く湿らせグラニュー糖でコーティング。
c0176675_19373275.jpg

小口から6ミリ程度の厚さにカットしてー。
c0176675_1938332.jpg

天板に並べてオーブンに入れます。
このときの温度は170度位です。
c0176675_1940247.jpg

15分で焼き上がり!!
美味しそうなココアの香りが店一杯に広がります・・・
これで貴方も「サブレショコラマスター」ですな

emoticon-0134-bear.gif
[PR]
by db-obico | 2009-05-18 19:43
今日はサブレの仕込を解説してみようと思います。

まず、材料。

バター・・・・・450g
砂糖・・・・・・225g
食塩・・・・・・4g
卵黄・・・・・・27g
バニラオイル・・少々
アーモンドスライス・・100g
チョコレート(刻み)・・55g
薄力粉・・・・500g
ココアパウダー・・・55g

こんな感じ。

まずはバターをポマード状にします。

c0176675_22151334.jpg

バターは数時間常温に出しておけばこの季節なら柔らかくなってくれます。
寒い季節などは木べらなどで根気強く柔らかくしていきましょう。
過度に熱を加えるのは厳禁ですよ!
さっくり感の無いサブレになってしまいます。

c0176675_2220212.jpg


次に砂糖を入れすり混ぜまして、、、、
c0176675_22215452.jpg

卵黄とバニラオイルを加えて混ぜ込んでいきます。
この量の卵でしたらバターと分離することも無いのでサッと混ぜてしまいましょう。
c0176675_22243639.jpg


アーモンドスライスとあらかじめ刻んでおいたチョコレートを混ぜ込み・・・
c0176675_22263039.jpg

ココアパウダーと薄力粉を一緒に振るったものを一度に入れてしまい、粉が見えなくなるまでしっかりと混ぜます。
c0176675_222954100.jpg

混ぜた生地はラップに包んで一晩寝かせるのです。

整形と焼成はまた明日。

スーでした。emoticon-0170-ninja.gifemoticon-0170-ninja.gif
[PR]
by db-obico | 2009-05-17 22:37